トトロさん 満腹大満足な琉フェスの旅




【チャンプラーズライブとゆとろぎの湯 】

新潟駅を9時台の新幹線で出発。
1時近くには新松戸駅に到着!早〜〜っ!!
駅前で書店を見付けたので宮部みゆきの「理由」を購入。

「ゆとろぎの湯」に1時半過ぎに到着!
着いて行き成り大広間で一人宴会を始める。(爆)
日本酒につまみはつくね。(つくねは勿論タレで!

今回のチャンプラーズライブは2時と6時の2部構成になっている。
2時からのライブのお客さんの入りは昼間という事もあって座席の半分。
私が一杯やり始めるとステージにチャンプラーズ登場!
女性ボーカル2人、男性ボーカル2人からなり、キーボード、ドラム、男性ボーカル2人がエレキギターに三線を演奏。
「ゆとろぎの湯」でのライブは3回目との事。
司会者の方が「今日来られたお客さまは本当にラッキーですよ〜!」と言って「ゆとろぎの湯」初となるエイサー隊を紹介!

((o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))

いやいや、あまりの迫力にお客さまも大喜び!
私はもっと大喜び〜〜♪
チャンプラーズは「安里屋ゆんた」「ハイサイおじさん」「てぃんさぐの花」「芭蕉布」などを熱唱!
ちーたん似のママさんの歌声!
声までちーたんに似ていてビックリ!
しかも上手!
この声で「海空」が聴きたかったな〜♪
約1時間に渡るライブは終了!

終ってからエイサー隊、そしてチャンプラーズのメンバーが席に来てくれて 私が一人だったので 楽屋で一緒に飲もう〜!と言ってくださったが、申し訳ないので一度はお断りした。
でも再びちーたん似のママさんが呼びに来てくださったのであまりの嬉しさに申し訳ないと思いながらも図々しくお邪魔する事に。
そこでまたまたお酒を頼んでくれて、申し訳ないと思いつつ遠慮なく頂く。
お寿司、漬物、鳥の唐揚げ、などなど・・・
ご馳走も勿論遠慮なく頂き、またまたお酒を頂き・・。
先ほどの奥ゆかしさは何処へ・・。。

お腹いっぱいになった所に若夏でもお世話になったKAZUさんチームの女性Nさんも賭け付けてくださって私は何も飲まなかったかのようなカオをして、またまたお酒を頂いてしまった。
ちなみにNさんは「ゆとろぎの湯」のご常連らしい。
ライブが始まるまで別の大広間でNさんの風呂友さんの所に同席させて頂いた。
そこでまたまたお酒をゴチになり、つまみもゴチになり、本当に美味しかった〜〜♪

チャンプラーズ
      (チャンプラーズ)

そうこうしている内にチャンプラーズさんからお誘いの声が。
2部が始まるらしい・・・。
行くと既にエイサーが始まっていた。
私達はまたまた一番前の席に座り思いっきり堪能した。
2部は、男性ボーカルが「花」を熱唱!
これがブルース声でメチャ渋くてお上手!
聴き惚れた〜〜!!。
その後、吉 幾三の曲を2曲熱唱!!内1曲は「酔歌」だった。

ライブも中盤に差し掛かった頃、自分の心臓に硬毛が生えている事を初めて実感する出来事が・・・。
ママさんが「これから十九の春を歌うのですが、どなたか歌いたい方おりませんか?」
誰も声も手も上げる人がなく、何故かエイサー隊の一人が私の所へやってきて手を引っ張るじゃありませんか?
「うそ・・・(汗;)」
私は丁重に断るつもりで手を振るとマイクで行き成りの紹介が始まりました。
「今日、わざわざ新潟から来てくださいました!皆さん、拍手を〜〜〜〜〜〜〜〜♪!!パチパチパチ・・・・・・・」
ハッ、ハッ・・ こうなったらヤケクソ、、じゃなかった、、折角の記念なので、ちーたん似のママと歌う事に。
でも一つ問題が・・・。

私、「十九の春」知らなかった。(大爆)
でも心臓に硬毛が生えてる私はやってしまったのだ。
ママに助けてもらって大声で高らかに歌ってしまった自分が恐かった。
歌い切ってみると「あら!結構気持ち良いじゃん!」
とても良い記念になったし、何よりも楽しむ事が一番なのだ〜!と実感した1日だった。

その後は、チャンプラーズはお店があるので若夏へ。
私はNさんとサシで呑み直し10時半にお開きに。
しかしよく呑む奴!と自分に突っんでみる。)

Nさんはお風呂に入る事もなく、帰っていった。
私はNさんの分までダイスキなお風呂に浸かり、更衣室である看板を発見!
そこでヤッタ事もない事をやってみる事にした。
その名も「韓国エステ」。
折角、遠出して1日ゆっくり温泉施設にいるのだからエステなんてものでもしてみようかな〜と。。
エステなんて初体験♪ ドッキドキィ〜♪

ランプの丸いガラスを逆さにしたような小さな容器をいくつも肌に当て、空気をキュ、キュ、キュと抜き 真空状態にして思いっきり皮膚を食い込ませ、しばらくそのままに。(人の倍は食い込んでいたような・・ 汗;)
まるで背中に小さな卵を生み付けた珍獣のようだわ。
気持ちの良い痛みというか、病み付きになりそう〜♪
容器を取った後はしっかり痕が出来、キスマークのような大きな斑点が1週間くらいぬけないそうだ・・。
今でも肩から腰までしっかり残ってるし。
外した後、上半身を一気にマッサージ。
30分コースで消費税入れて3150円だった。
う〜ん、マンダム〜♪

エステが終って、またまた温泉へ。
1泊で温泉に泊まる時は3回は入る私♪
そのままレディース専用の簡易ベットで夢の中へ。

翌朝は、7時に館内放送で思いっきり起こされ気持ちの良い目覚め?!
またまた朝風呂に入って目を覚まし、8時に「ゆとろぎの湯」を出た!というよりは・・・
出された。(笑)


チャンプラーズの皆さんや若夏スタッフのエイサーの皆さん、そしてNさんのお陰でメッチャたのしい1日を楽しむ事が出来ました。

続いて、2日目の琉球フェスタレポで〜す。(^○^)



【琉球フェスティバル2004(東京) 】国境無き音楽団BBSより転載)

行ってきました!琉球フェスティバル2004 東京 へ。
場所は日比谷野外音楽堂でした。


9月26日(日)霧雨

霧雨の中、渋谷野外音楽堂に着いたのは2時半頃でした。
私が行った時は丁度オレンジレンジのリハ中!
彼らの音が聴こえただけでキャ〜〜〜ッ!という黄色い声が飛び交ってました。
その後、しゃかり千尋ちゃんとリハをしてました。
お陰で曲がすっかり分かりました。(笑)

3時45分、会場入りの時間になったのですが、リハが押していてもう少し待ってくださいとの事。
4時半の開演時間になってもまだ中に入れず、ライブ時間が気になり始めました。
なんたってラストは誠小さんだろうから遅くまでは引っ張らないだろう・・と。
4時45分頃、やっと中に入れました。

今回はりみちゃんファン9名(内隠れちーちゃんファン2名) そしてちーちゃんファンであるこの私の10名の団体に入れて頂いての参加でした。
いやいや、泡盛にオリオンビール、ヤキソバにフランクフルトなどなど、つまみがどしどし回ってきてバクバク食べながら聴いてました。忙しい、忙しい〜。^^;

すぐにエイサー隊によるエキシビジョンがスタート!
そして司会者である津波信一(つはしんいち)さんが登場!
何を言ったかは覚えてません。
相変わらず天然危険物な発言でした。(笑)

トップバッターはしゃかりでした。
3曲を熱唱!!
その後、桑江智子&笹子重治登場!
こちらも3曲でした。
今年出したアルバム「月詠み間(ちちゆみま)」にも新たに収録されたアコースティックな「私のハートはストップモーション」も披露してくれました。
スローバラードでとてもムーディーでした。

3番バッタ-は私のメインな人でもある神谷千尋さんでした。
ダークブルーのモヘアのニットドレスが今の季節にピッタリで、ティンジャーラをイメージして作ったのかな〜と思いました。
「美童しまうた」そして今回のアルバムのタイトルでもある「ティンジャーラ」、アルバム「ティンジャーラ」の中から「トゥマイ浜(トゥマイバマ)」を熱唱!
このアルバムの中では「トゥマイ浜」は2番目に好きだったのですが、この日をもって1番に格上げとなりました。

ちーちゃんと桑江智子さんは手売り即売会をやる!と司会者が言ったので真っ先にかけていってちーちゃんのCDを買い、1番でサインを頂きました。v^^
桑江智子さんも間近で見たら、目尻に多少のしわはありましたが、とてもお綺麗な方でした。

次はちーちゃんのプロディーサーでもあるよなは徹ちゃんの登場!
3曲熱唱しました。
会場からあちこちで「とおるちゃ〜〜〜〜ん」の歓声が飛び交ってました。
いやいや、凄い人気でした。
ちなみに司会者に「沖縄のニセ小室哲哉」と言われておりました。
うん!間違いない!(笑)

中盤に差し掛かりステージが一気に慌しくなりました。
司会者が「リンゴリンゴ、好き〜〜?」と尋ねると会場から絶叫の嵐!
はい、オレンジレンジの登場でした。
いや〜〜〜っ!凄いパワフルなステージでしたよ。
ピョンピョン飛び跳ねて動き回って〜♪
私もピョンピョン飛び跳ねて足、吊りました。(爆)
しかも皆さん、超カッコ良かったです。目がハートになりかけました。(笑)
大ヒットしたシングル5曲を熱唱してくれました。
本当に楽しかったです。

そして夏川りみちゃんの登場!
「愛よ愛よ」、アルバム「風の道」より「ずっと憶えてる」、そして「涙そうそう」とやはり3曲でした。
りみちゃんの後は、我らがちーちゃんの師匠でもあり優しいおじさまでもある神谷幸一さんでした。
行き成りの舞台挨拶で「こんばんは!神谷千尋の兄です」(爆)
大ボケかましてすっかり会場のお客さんを虜にしておりました。
司会者からは「民謡会一のハンサム」と言われ、デレデレに照れてました。
本当にカッコ良かったです。
こちらも3曲で、内1曲は「ボケない小唄」を披露。
お客さまが大ウケしておりました。
ちなみに始まる前まで「盛り上がらなかったらどうしよう・・・」と司会者にこぼしていたそうな・・・。
そんな心配は一切不要でした。

そしてまたまたステージ側が慌しくなり、あの魅惑なボーカリスト率いるパーシャクラブ登場!
「月ぬかいしゃ」のさわりを歌ってからパーシャの曲を3曲熱唱!
MCでは行き成り「こんばんみ〜♪」
相変わらずの異彩を放ってました。(笑)

次ぎは私が2番目に楽しみにしていたディアマンテスが登場!
こちらはもうポルトガル語だと思うのですが、サンバ&サルサなライブでした。
でもとても楽しかったです。
そして「しゃかり」の千秋ちゃんとのジョイントを披露。
とても優しい曲でした。

次ぎにBEGINが登場!と同時に会場のお客さんが総立ち!
「オジー自慢のオリオンビール」「かりゆしの夜」「島人ぬ宝」の3曲を披露。
新曲聴けると思ったけど残念でした。

そして最後は誠小さん登場!
3曲熱唱した後、今回の出演者全員がステージに立ちフィナーレ♪
「安里屋ユンタ」を一人づつ熱唱!
あっという間の4時間ライブでした。
押した時間が延長される事はありませんでしたが、心から楽しめたライブでした。

文責=にとべさん(管理人)
’04/10/02

なんでもレポート

ホーム



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO